メイドインタカラヅカ

Home > ニュース > 海外 > アメリカで銃暴発、少年死亡。ライブ配信されていた

 

アメリカで銃暴発、少年死亡。ライブ配信されていた

ニュース海外 2017.04.18 Tue

銃

アメリカでまた銃による事故が起こってしまった。失われたのは13歳という未来ある少年の命。しかも事故の様子はインスタグラムでライブ配信されており、多くの友人がその瞬間、映像を目にしていたのだ。

今月10日の夜10時過ぎ、米ジョージア州アトランタ在住のシャニークア・スティーヴンスさんは自宅で「ブン」という音を聞いた。「それが何の音なのかはわからなかったが、何か悪い予感がした」というシャニークアさんは、娘と一緒に音がした2階に上がり、息子の部屋の戸を開けようとした。

しかし部屋は中から鍵がかかっており、呼んでも反応がない。必死で戸を蹴破って中に入ると、その目に飛び込んできたのは血の海に横たわる息子マラカイ君(13)の姿だった。

引用元:livedoorNEWS


【スポンサードリンク】

銃社会。一般家庭でも護身用で銃を持っているような国、アメリカ。暴発事故も多いようです。
私はアメリカに行ったことはありませんが、友人が行った際、パーティで銃を見せびらかしている人がいたそうです。
ちなみに携行することは許可されていない模様。

世界的に見れば銃の所有を認められている国というのは多く、日本みたいに銃を持つことが許可されていない国は少数みたいですね。
所持を許可されているとはいえ、登録などが必要だったりするそうなので、自由に所持できるわけではありません。
危ないから、許可されなくてもいいと思いますけどね。

日本でも明治時代に上流階級の一部の人たちや職業によっては所持が認められていたそうです。
現在では警察官や自衛官、猟師、射撃競技の選手くらいですね。


さて、銃社会アメリカで起こった悲しい事故で犠牲になってしまったのは、未来を担う13歳の少年です。
Instagramのライブ配信で銃を弄くり回していた所、銃が暴発し、頭部に打ち込んでしまったという…
あまりにショッキングな出来事です。人の死の瞬間のライブ配信。

c9830_196_858f0887_39a524c0.jpg
出典:http://www.11alive.com

しかし人が死ぬ瞬間のライブ配信というのは、初めてのことでは無いとの事。
今回亡くなった少年とはもちろん別人ですが、同じジョージア州で首を吊って自殺するなどのライブ配信も過去に行われた事があるそうです。

実は過去に日本でもあったんですよね。
たしか女子中学生が飛び降り自殺の一部始終がFC2ライブで中継されたっていう。
さすがに今は見れないだろうけど、他にも色々ありました。

こういう動画を見てしまった方はショッキングかもしれませんね。

今回に関してはおそらく自殺では無く、事故として調査を進めているようです。
残されたご家族の方もやりきれない思いでしょう。
銃の取り扱いを失敗して暴発…怖いですね。

ブログランキング参加中です♪宜しければクリックお願いします(*´ω`*)
  にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ

 【関連記事】

 こんな記事も
読まれています



【スポンサードリンク】
 
 
 
 

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :