メイドインタカラヅカ

Home > 動物 > > 警察犬「きな子」死す…【香川県】

 

警察犬「きな子」死す…【香川県】

動物 2017.03.20 Mon

きな子

出典:YAHOO!JAPANニュース

 警察犬試験に6年連続で落ちながらも、そのひたむきな姿が広く愛された香川県警の元嘱託警察犬「きな子」が20日、死んだ。14歳だった。丸亀警察犬訓練所(同県丸亀市)によると、老衰とみられる。

 きな子は2002年5月生まれの雌のラブラドルレトリバー。きな粉のような色の毛から命名された。警察犬になるため、04年から試験を受けたが落ち続け、ドジぶりがかわいいと人気を呼んだ。テレビや映画、書籍などで評判となり、08年2月からは県警の「特別教育隊員」にも任命された。

引用元:YAHOO!JAPANニュース


【スポンサードリンク】

香川県丸亀市の警察犬訓練所の名物ワンちゃんの「きな子」が20日、14歳で死んでしまいました。
老衰と見られています…。
きな子を題材とした映画が2010年8月に上映されていました。
実際出演していたのでは無くて、役者犬が演じていました。
きな子と訓練士の実話に基づいた映画です。
訓練士の女性の役は夏帆さんが演じていましたね。
きな子~見習い警察犬の物語~ [DVD]

映画だけではなくテレビや書籍まで出るほどの人気ぶり。
きな子~見習い警察犬の物語~ (ジュニア文庫)
警察犬の試験に何度も挑み続けるひたむきな姿、そしてちょっぴりドジな所が愛嬌がありました。
そんな彼女も7度目の試験で合格。見事に警察犬としてデビュー出来たのですね。

2013年に警察犬を引退したきな子。
残念ながら老衰により、14歳で死んでしまいましたが
ラブラドールレトリバーの寿命は10歳~14歳程と言われております。大往生ですよね。


ペットとして犬や猫などの動物を飼っていると、大体は動物の方が先に死にます。
人間に比べると猛スピードで、死に向かっているのですね。
一緒に居る時間が長ければ長い程、失ったときの喪失感は大きくなります。

きな子が育った訓練所の訓練士の方も同じく、一緒に居る時間が長かったのもあり、とても残念そうです。
情も移っていたのかもしれませんね。
こうやって動物の最期を見てしまうと、一緒に時間を過ごす動物と
できるだけ一緒に居ようと思うものですよね…

今現在、動物と一緒に過ごしているあなた。
一緒に居る子は、あなたより先に死んでしまいます。
沢山同じ時間を一緒に過ごして上げてくださいね。

警察犬、きな子のご冥福をお祈りします。

ブログランキング参加中です♪宜しければクリックお願いします(*´ω`*)
  にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ

 【関連記事】

 こんな記事も
読まれています



【スポンサードリンク】
 
 
 
 

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :